ブログパーツ












マインド・コントロールの恐怖
スティーヴン ハッサン (著)




CIA洗脳実験室
父は人体実験の犠牲になった
ハービー・M. ワインスタイン (著)




マインド・コントロールの拡張
浜田 至宇 (著)




電子洗脳
あなたの脳も攻撃されている
ニック・ベギーチ博士 (著)




テクノロジー犯罪被害者による被害報告集―遠隔技術悪用を告発する33名の被害者自身による被害実態報告
内山 治樹 (編集)




創価学会を斬る
この日本をどうする2 (1969年)
藤原 弘達 (著)




邪教集団・創価学会
これでもあなたは信じるか (1976年)
室生 忠 (著), 隈部 大蔵 (著)




黒い手帖
創価学会「日本占領計画」の全記録
元公明党委員長 矢野 絢也 (著)




「黒い手帖」裁判全記録
元公明党委員長 矢野 絢也 (著)




池田大作の品格
憂慮される池田Xデー後の社会的混乱
元創価学会芸術部書記長 小多仁 伯 (著)




誰も書かなかった池田大作・創価学会の真実
元創価学会教学部長 原島 嵩 (著)




「月刊ペン」事件埋もれていた真実
元創価学会顧問弁護士 山崎 正友 (著)




創価学会・公明党「カネと品位」
福本 潤一 (著)




「きもカルト」撃退記―創価学会員やシンパとのお笑い真剣バトル全記録
黒田 大輔 (著)



東村山の闇
「女性市議転落死事件」8 年目の真実
矢野 穂積 (著), 朝木 直子 (著)




憚(はばか)りながら
後藤 忠政 (著)





書籍資料電磁波音響動画対策商品関連用語被害者記事

・「テクノロジー犯罪」を使ったアンカリングについて
・MKウルトラ計画
・DARPA
・BMI
・人を辞めたカルト(テクノロジー犯罪)の本当の目的と考察(注:体感的加害被害を受けている方以外は読んでも理解出来ません)

・アンカリングの考察について

 カルト被害者の心構えとして、組織的カルト犯罪の手口をテクノロジー犯罪の側面と併せて「柔軟に」知っておかねばならないと考える。

それにより「犯罪者集団が目論む悪辣な攻撃の防御と対策」につながると当サイトでは考える。


早速、「防犯」の意味も込め被害者が「共通」して心無く工作されている「アンカリング」について皆様にお伝えしたい。


「アンカリング」とは、ある条件を連続して「被害者個人だけ」に意識させる事により、監視されているという意識を強制的にスリコませる「カルト犯罪“被害認識”工作」であると考える(※1)。



組織的カルト集団(加害者側)は、粘着して「何故アンカリングを行う」のであろうか。


被害を認識している(強制的に“認識させられている”が適切な表現)人々に、この犯罪手法だけは、やり方を変えても「共通」して行われている。

その目的について考察してみよう。


ウェブにおいて「組織的カルト犯罪被害者たち」が被害状況を書き込み、それに反応したカルト工作員が「被害者を精神病扱いする工作行動」から、私たち被害者が実感して分かるように、真実の情報発信を妨害する事が目的であり“この悪辣な手法”が使われてきたと考える(※2)。


且つ「真実を訴える被害者の孤立化」「社会的信用の喪失」「家族不和を誘発させる破壊工作」及び、「対象を精神的にも衰弱させ自滅させる」という目的であると考える。


「偶然の思い込み=被害妄想・関係妄想」「精神病」「キチガイ」などというレッテル(スリコミ)を「迫害されている被害者」に貼り付ける事により、上述の数多くの“心無い隠蔽工作が目的と同時に達成することが今までは可能であった”からである(※3)。


組織的カルト集団側としては、上記を達成する為にはアンカリング工作自体の「被害状況」が精神病的な症状と似るようにしなければならない。

その為に、通常の心理では出来ない異常異質な犯罪工作を加害者側は粘着して行ってきたと考える。


コインテルプロ(COINTELPRO:Counter Intelligence Program)の一つであるアンカリングとは、『被害者の精神を壊す、または“異常な加害者”の思惑通りに“コントロールするキッカケ”として諸段階で使用される』と考えます。
これにより、その後“組織的嫌がらせ犯罪工作”を行う上での、“前段階の心理状態を意図的に作り出し”、被害者を心無く関係妄想化(精神疲弊化・破壊)させ、心無い加害者組織の思惑(自殺等)を遂行する状態化にする為だと考えます。



・アンカリングの目的を説明したところで、我々の被害者状況を考察

 まず被害者は「どこにいてもターゲットにされている」と被害を訴えている。

家、外どちらでも「集団ストーカー犯罪」、「テクノロジー犯罪」の攻撃を受けていると実感している。

この事からも日本国民の皆様は、被害者である同族の日本人が日本国において、日々人権を蹂躙されている由々しき状態化に置かれている事を知っていただきたい。


では被害者である我々日本人に対して、「集団ストーカーやテクノロジー犯罪」をナゼ行うのだろうか。


この事は“反日教育(洗脳)を受けている在日カルト汚染”されている政治経済メディア等、現在の日本の状況(年間自殺者の問題含め)を見れば得心できるであろう。

独裁政権と同じくカルト組織信者含め恐怖不安により抑えこみ維持し、大衆レベルからも言論統制を行い、行動の自由を奪い日本乗っ取りを謀る戦術の一つであると考える(※4)。
もちろん、「MKウルトラ計画などが欧米で行われたきた」という基本の経緯があっての、ステルス兵器を使用した組織犯罪である。



・テクノロジー犯罪について認識を共通化しておこう

被害者団体のサイトにも掲載され周知であるが、テクノロジー技術を用いて「ターゲットにピンポイントで攻撃することが可能」である。


体のかゆみ

体の痛み

低周波的な筋肉の収縮

耳鳴り

対象の意識をある位置に向かわせる


なども「発生させる事ができる技術」が、残念ながら人々に知られる事なく既に存在している※5)。


ならば皆様は上述の情報から、このように考察できるであろう。

「被害者にピンポイントで攻撃できるのならば、当然周囲にも同じ現象を発生させる事が可能である。」


「集団ストーカー犯罪工作」だけで行われているわけもなく、当然「テクノロジー犯罪と併せて使われている」事も賢明な皆様ならば分かる筈である。


この異常な人格、組織から生じた犯罪技術と、カルト集団の人海戦術を連動させる事により「周囲にすべてカルト工作員がいる。」と錯覚させ思わせる事が可能となる(※6)。



このように情報を整理する事により、実際は少数の人員でも犯罪を実行(犯行)できると知っていただきたい。


「組織的犯罪工作」を知っておくことにより、被害者としての心構えも持てる事に繋がり、より事態への「言語化」が可能となる。
それにより冷静且つ今後の分析能力も上がり、被害者様の心的負担が格段に減少されると考える。

また、「今後の組織的カルト犯罪壊滅の為の指針」及び「テクノロジー犯罪がどの程度隠蔽され進化していたのか?」「日本がおかれている現実」を把握及び自覚する機会にしていただければ幸いである。



日本が危ない!カルト集団を根絶撲滅する会



・上述補足事項

我々はカルト犯罪組織が用いてきたテクノロジー技術をまだまだ知らない。

追記修正があれば随時校正する。


同じ動作を被害者周囲に発生させる事により、同じ動作をした対象者はカルト工作員だと思わせる「集団に囲まれていると錯覚させる異常犯罪工作」。

ローテク(集団ストーカー)のみの力技においても、被害者周辺に配置することは可能だが全国に被害者が存在すればその人数分の人員が必要でありコストパフォーマンス、発覚のリスクの上でも日々継続させることは不可能であると考える。
また、上述の観点から犯罪工作の目的やその特性上、「被害者本人にしか被害が認識し難い」と分かるであろう。


掲示板などの書き込みにおいては、メディア情報を鵜呑み、自分の頭で考えることが出来ないB層はカルト工作員の書き込みに目論見どおり誘導され、被害者を貶める工作に加担してしまうケースもある。



真実の情報が大衆に認識されることにより、この組織的カルト犯罪が露呈することになる。



下記は公知なアンカリング情報の一つである。

カルトの性質の一つであるが「数字」に悪いイメージを付け大衆に認識させ、それを被害者に継続して見せる。

本来「数字」には悪いイメージは何も無い事も知っていただきたい。


公に知られている参考情報

・書籍東村山の闇「女性市議転落死事件」8年目の真実

「ポケベルの予告

最も記憶に生々しいのは、私のポケベルにまで、不気味な数字が打ち込まれてきたことだ」


「遠目には母がいるかのようだったという。母と同じ背格好で同じ体格をしている。着ているのは母が亡くなった日と同じ「パンタロン風のズボン」、「花柄のブラウス」、母とまったく同じ「髪形」、そして極めつけは大きめの肩からかけた『ショルダーバック」だった。いつもどこへでも必要なものを入れて、持って歩いていたバッグと大きさといい色といいそっくりだった。この「バッグ」と「パンタロン風のズボン」、「髪形」はまるで母のトレードマークのようになっていて、母というとだれもがイメージする姿だった。」


(中略)


「実はお通夜のときもなのよ。この人とは違う人だけれども、もっともっと顔つきがそっくりだった。明ちゃんだ、とおもわず私が腰を浮かしたぐらい似ていた。私の目の前で堂々と献花してったのよ。ゾッとして、身体全体が凍りついた感じがしたの」


・芸能人で有名だった欽ちゃんファミリー清水さんの件

「清水由貴子さんが訴えていた真実」(WMVファイル)

http://www6.ocn.ne.jp/~agsas/YukikoShimizu20060530.wmv



・「車体ナンバー」のアンカリングについて
この周知は“関係妄想を強化するだけで被害者側にとってメリットはない”と当サイトでは考えます(逆に犯罪手法のトッカカリをつくってしまう)。

まずはゾロメにはじまり、その内にナンバーに意味を関連付けるように仕向けられます。
そして目線が“そちらに向くように誘導”もされます。
重複しますが、この作業は、被害者の精神を壊す、またはコントロールするキッカケとして諸段階で使用されると考えます。
ナンバーのほかにも、他の現象につきまして意味づけをするように誘導されます。

これにより、被害者を関係妄想化させ、心無い加害者組織の思惑に嵌る事に繋がります。

ですから対処としては“加害者側である異常人格者(こいつらは人殺しであり本物の悪魔(精神異常サイコパス)、キチ○イです)らの誘い”に乗らないことです。
“卑劣にも、日本人被害者を自殺に誘導する戦術の一つ”だと認識してくだされば、情報整理がしやすいと存じます。
備考としまして、
一斉に証拠提出の際、物的証拠として効果を持つとは存じます。
撮影する機会があれば交通安全確認をなさり無理なく証拠保全をしておけばいいと存じます。



戦略レベルでは政治経済メディアに工作員を潜入させ主要ポストを独占し、さらに権力を盗んだ工作員が新規工作員を入り込ませ国家レベルで乗っ取りを謀る。

メディアで大衆を扇動し政治的に悪法化制定(美称の騙しである日本人が望んでいない人権救済法案・外国人参政権など企むのも一例)。

言論・表現の自由、日本文化の破壊、他民族と生殖を促す、日本人の人権も奪う。

組織的カルト犯罪を放置する事は日本人の自滅、精神破壊、洗脳を放置するという事である。

また、組織的カルト犯罪被害者たちの自宅周辺はテクノロジー犯罪の範囲に置かれており、収監され拘束拷問を受ける状況化を擬似的に作り出された環境に押し込められている。

つまり監禁され行われる洗脳状況化であるとも云えるのである。

この先、これを拡大すれば日本人全体が拷問的状態化にされる事を意味していると考える。

日本の安全保障上からも日本民族が重大な危機に瀕していると考えていただきたい。



脳においても、「十秒から五秒まえに行動を決める脳波パターン等がわかる」「脳からテンペスト技術のように視覚情報を写す技術がある」とTVでもすでに伝えられている。

隠されてきた技術の実態を知った私たち被害者は、このことからもある程度の被害者の行動予測が可能である思われる。

これにGPS、人海戦術を用いて、出発地点と到着地点が分かるならば行動するパターンは有限であり簡単に分かる(室内の位置探索は電磁波の反射波を利用したレーダーのようなものと思われる。それらを用途に応じて複合的に使っていると考えられる)。

そこに人員を配置することにより、集団ストーカーが可能となると考える。



アンカリングの一つに「咳き込み」「ある動作を行う」がある。

意図的に周囲の人たちに起こす事が出来るのである。

これにカルト工作員を混ぜて行うことにより、「工作員ではない一般の人」があたかもカルト工作員のように錯覚させる事ができるのである。

この「テクノロジー犯罪」を用いて「集団ストーカー犯罪」を行ってきたと考える。

つまり人員は多くないのである。

気にする事はない。

被害者の皆様は、このような異常行動を何の躊躇もなく行ってきた組織的カルト犯罪集団により、日本が汚染させれている事を自覚し撲滅に向かう「行動力」に変えていただきたい(その浅い根底の一つにはガイコクによる「反日教育」「在日カルト」がある)。



------------------------------


・MKウルトラ計画

マインド・コントロールの研究史をみると、第二次世界大戦中に始まった自白剤開発の研究が近代的研究の端緒ということができるだろう。当時のナチスドイツの研究者たちは刑務所の囚人たちを実験の対象としてメスカリンなどの薬物投与実験を繰り返していた。一方、アメリカではCIAの前身であるOSSが、やはり自白剤の発見・開発に努力を注いでおり、その被験者となったのはあの極秘プロジェクト、原子力爆弾を開発していたマンハッタン計画のスタッフの中のボランティアたちだった。当時、アメリカ側が最有力と考えた薬はマリファナであったという。

 アメリカでは大戦後にもこの研究は進められ、米海軍の秘密プロジェクト、チャター計画が一九四七年に、CIAによるブルーバード計画が一九五〇年に開始され、一九五三年には後に有名になるMKウルトラ計画が始まっている。

 こうして極秘計画がその規模を拡大するにしたがって、その実験対象者も当初の研究者自身、自発的志願者から、実験のことを何も知らされていない刑務所の囚人、精神病院の患者たち、軍人、そして一般市民へと拡大されていく。このように次々と被験者を選ばない倫理おかまいなしの実験が繰り返されていくわけだが、これはマインド・コントロールの目的が他人の自由意志をコントロールすることにあるので、これら何も知らされない人々が被験者となるのは研究の必然的な方向でもあったわけだ。

 これらの秘密研究は長年の間、一般のアメリカ市民にも知らされることなく続けられた。秘密がようや暴かれるのは、長引くベトナム戦争、ウォーターゲート事件などをきっかけとした米国市民のCIAに対する批判が高まる中でのことであった。


例えば、1975年に議会に提出されたある報告書の中では、1950年代の初頭に海軍とCIAとの合同作戦で、ある軍人の医師が何も知らされずに薬物を投与され、その影響下にあった時に、自殺をしてしまったという事実も公表された。後の調査では彼の名前も確認され、遺族による賠償要求の訴訟が行われ、時のフォード大統領が遺族に対して公に謝罪するというところまで発展している。


 さらに一九七七年になると上院でもCIAの非合法活動に関する公聴会が開かれ、これらマインド・コントロール研究の詳しい内容が追求される。

 しかし、MKウルトラ計画のすべての関連文書は、その内容が将来に明らかとなることがないように、ニクソン大統領が辞任したのと同じ年の一九七三年に、ヘルムズCIA局長とMKウルトラ計画の責任者であたゴットリープ(Sidney Gottlieb)によってすべて焼却されてしまい、現在でもそのプロジェクトの全貌を知ることはできない。


 マインド・コントロール研究には先に述べたように、薬物のほかにも催眠術、脳の電気刺激、電磁波の利用などさまざまな方法がある。しかし、この七〇年代後半に暴かれたのはあくまでも薬物を中心とした諸研究であった。しかも、その時までにマインド・コントロールの薬物研究はすでに実験段階を終え、実用段階に入っていたといわれており、このときあまり注目を浴びなかったその他のまだ開発段階にあったさまざまな研究は、この後も極秘のうちに進められていくことになる。


 アーティチョーク計画のモース・アレンが行ったこのような実験は組織的、化学的なものというのには幼稚すぎた。これはアーティチョークがCIAの安全保障局によって推進されていたことにも起因している。彼らは科学の専門家ではなかったのだ。この欠点をカバーするために一九五三年四月に新しいマインド・コントロールの計画、MKウルトラ計画(MKウルトラのMKは、Mind Kontrolを意味するのではなく、TSS管轄のプロジェクトを意味している)が、CIAのTSS(テクニカル&サイエンス局)のシドニー・ゴットリーブ(Sidney Gottlieb)によって組織される。実はモース・アレンがニューヨークの催眠術師のところに行っている頃には、既にTSSも催眠の研究を開始していた。

 CIA長官のアレン・ダレスはこのプロジェクトを「極めて高い機密性が求められる計画(ウルトラ・センシティブ・ワーク)」と表現し、経費はシドニー・ゴットリーブのサインひとつで無条件に支払われるよう会計局に命令を出している。このMKウルトラ計画がその後のCIAのマインド・コントロール研究を主導していくことになる。

マインドコントロールの拡張 浜田至宇



------------------------------


・DARPA (ダーパ)

米国防省の国防高等研究計画局(Defense Advanced Research Projects Agency/DARPA)


DARPAが行おうとしている研究計画のほどんどが直接的、間接的に脳に関わっている。

操作される脳 ジョナサン・D・モレノ



・BMI(ブレーンマシーンインターフェース)

BMI(ブレーンマシーンインターフェース)を用いて脳の発する信号を用いて、脳とロボットをつなぐか 脳と脳をつないで 信号を伝えて動かす技術。


脳波は微弱な電気信号であることを利用した脳コンピューターインターフェース。

これにつきましては人々の民度、そしてハイテク被害の認知レベルがまだ低いと存じます。

説明をしたところで現段階では混乱させるだけで意味がないと存じております。

追々と記述したく存じます(【ハイテク被害関連情報】を御覧下さい)。

重要な用語でございます。



このアドレスを御覧下さい。

【転載】

・BST(ブレイン・ステート・テクノロジーズ)

画期的なヒーリング技法「ブレインウェイブ・オプティマイゼイション」を用いて脳波のバランス調整

http://brain-rescue.com/tecnologies.html


ブレインレスキュー(ブレインレスキュージャパン)

http://www.brain-rescue.com/first.html


ブレインステートテクノロジーズはリー・ガーディスという天才はだの著名なエンジニアが開発したテクノロジーです。ちなみにアマゾンなどで買い物をすると「この商品を買ったお客様はこの商品も買っています」ないしは「お客様にお勧めの商品」など、個人のニーズをとらえた製品が並びますが、このシステムを開発した人物こそガーディスです。


【転載了】


ここまでの技術がある世の中なのです(ミスリード情報も含めまして情報操作が多分に入っております。今までの常識、そして科学の常識を一先ず捨てなければならないと存じております)。


ちなみにテレビにおきましてもこのような情報が過去放送されております。
※ テレビとは騙しを行う装置と云われておりますから、真実の情報を歪める為に情報操作が行われている可能性が大と存じます(それ以上の技術があると観た方がよいと存じます)。

脳を読み取る最新技術(後半) 20090209
http://www.youtube.com/watch?v=mBYWsHsVuKA

脳を読み取る最新技術(前半) 20090209
http://www.youtube.com/watch?v=D-8kuZzFKlA



・人を辞めたテクノロジー犯罪の目的と考察

警告:当情報体は、一般の常識・価値観・科学レベルに毒された人々には、到底理解できない内容です。その人達は読まないで下さい。 ご自分の意識と連動し、低周波的な筋肉収縮を意図的に起こされている“テクノロジー被害を実感している方専用”の情報です。

今、公開することは妄想等のレッテルを貼られ易い可能性が大いにあり、リスクがありますが、今後におきまして有効だと思いますので貼っておきます。

さて、上記被害を実感させられている被害者は、脳と加害装置がリンクされているという、とんでもない事実を強制的に実感されたと思います。
(この加害に対する加害者側の目的とは、常に監視しているという心理的な圧力をかけるためです。ですがこの異常犯罪から様々な推察ができると思います)

さて、ここから脳内伝達の動きよりも速いスピードで、二十四時間意識がサーチされている事も認識されたと思います。

考えてみてください。
このような現象は現在存在しているスーパーコンピューターで果たして可能でしょうか? (個人だけでも脳内ネットワークの数十m/sの速さに常時対応できるスピードで監視されているということです)

そして個人のみの意識ではなく、家族体、社会環境、場所特定も含め大量の民衆の位置情報管理すら軽く数十万、数百万、数千万単位で一斉に処理ができる能力。
根拠を提示したいですが、計算速度が毎秒1京回(1秒間足し算や掛け算などを1京回行う処理)でも到底不可能だと管理者は考えます。

となりますと、それ以上の能力を有するスーパーコンピューターでの管理を我々被害者は人権を蹂躙され虫けらのように非人間化され心無くされていると思います。

このようなありえない異常な実感と科学的情報ソース含めました推察から考慮し、現在の集スト・テクノロジー犯罪全ての被害者の発言・状況・被害内容から当てはめましても、全ての現象を説明を出来ると考えています。

つまり、コンピューターの様々なネットワークを悪用して、民衆の意識ネットワークを管理しようと企んでいると推察できると思います(意識=行動の管理)。
(TVの向こうの人物すら、またデジタル化されたTVCM含め、このネットワークの範囲内ならば、コンピューターを媒介してある意味繋がっているのです。 云わんとしている事が伝わりますでしょうか)

これは異常カルト(サイコパス、自己愛的変質者の集団)の極秘マニュアルにもありますが、“見えない牧場”であり、動物含めた人間牧場の機械的構築でしょう。

自我の浅い考えることをしてこなかった人々や、倫理・道徳を欠落され育てられてきたマインドコントロールされているものは、さらにロボット化をすることにもなります。
このシステムを用いることにより恋愛感情すら、偶然を装い、感情支配も含め可能となります。
ある人物を殺人鬼に仕立てることもできる、交通事故を起こすことも、AV女優すら自分がやりたいと、環境要因構築含め誘導して作り上げることも容易く可能となります。
ある意味、手間をかければ…国家間の首脳すら人工的にコントロールできるのですから大変な状況だともいえます(大抵は見せしめでターゲットの人格を貶めからの加害者側による大義名分化テロ・病気等で始末し、他の支配層を恐怖不安により心理支配をする手段を用いていると恐縮ながら考えます)。

ですから、一部のカルトは「ある意味詰んでいる」と示唆していると考えます(これに人を辞める事を加速さす手段として、寿命の延長などを人参代わりにぶら下げられてるのでしょうか:細胞構築、テロメア含めた不老不死に関する唯物論餌的科学情報の検索を)。

この他に隠された電磁波を悪用した大量破壊兵器等が存在します。
つまり地震や自然災害すらもコントロールし、動植物を含めリンクして関連さすことも可能ということだと考えています。

しかし、倫理・道徳すら守れない精神構造化した、この異常犯罪に加担している心無いもの達は、先がまるで見えずに盲目化しており、思考の自由すら放棄した肉塊とも云えるでしょう。

カルトの妄想(思想)、ビジョンに逆らう意識を発すると、加害者側の言い分としては矯正等のイイワケにより、テクノロジー攻撃やコインテルプロで暴力を振るわれ、場合によっては始末をされる。
これは、もはや人を電気信号としか認識していないキチガイによる精神肉体含めた暴力支配、矯正洗脳、生き地獄です。

一部の被害者様方にしか伝えていませんが…ですから今後、処理速度含めまして“管理レベルまで調整”するために人口削減をうたっていたと管理者は前から考えています。


やれやれですが…妄想ならば本当に良いのですが、我々は実際に常軌を逸した想像もつかないありえない被害に日夜遭っており、世界を含めた社会状況も含め一致します。
まだ完全ではないにしても、ここまでの科学技術が存在することを前提として、現状を柔軟に認識され、加害組織への対策・対応にあたらないとならないと考えます。

そしてここでも重ねて、有志諸兄が政治・経済等の活動をしても、この組織的ネットワーク犯罪がある限り、また自覚・実感が無いならば時間と共に徐々にコントロールされるのですから難しいと考えます。


日本が危ない!カルト集団を根絶撲滅する会 管理者 遍照拝







ホームこのサイトについて集団ストーカーについてハイテク被害について
集団ストーカー被害関連情報ハイテク被害関連情報関連ウェブサイト情報カルトによる被害を撲滅根絶する掲示板


ページトップへ戻る

inserted by FC2 system