ブログパーツ












マインド・コントロールの恐怖
スティーヴン ハッサン (著)




CIA洗脳実験室
父は人体実験の犠牲になった
ハービー・M. ワインスタイン (著)




マインド・コントロールの拡張
浜田 至宇 (著)




電子洗脳
あなたの脳も攻撃されている
ニック・ベギーチ博士 (著)




テクノロジー犯罪被害者による被害報告集―遠隔技術悪用を告発する33名の被害者自身による被害実態報告
内山 治樹 (編集)




創価学会を斬る
この日本をどうする2 (1969年)
藤原 弘達 (著)




邪教集団・創価学会
これでもあなたは信じるか (1976年)
室生 忠 (著), 隈部 大蔵 (著)




黒い手帖
創価学会「日本占領計画」の全記録
元公明党委員長 矢野 絢也 (著)




「黒い手帖」裁判全記録
元公明党委員長 矢野 絢也 (著)




池田大作の品格
憂慮される池田Xデー後の社会的混乱
元創価学会芸術部書記長 小多仁 伯 (著)




誰も書かなかった池田大作・創価学会の真実
元創価学会教学部長 原島 嵩 (著)




「月刊ペン」事件埋もれていた真実
元創価学会顧問弁護士 山崎 正友 (著)




創価学会・公明党「カネと品位」
福本 潤一 (著)




「きもカルト」撃退記―創価学会員やシンパとのお笑い真剣バトル全記録
黒田 大輔 (著)



東村山の闇
「女性市議転落死事件」8 年目の真実
矢野 穂積 (著), 朝木 直子 (著)




憚(はばか)りながら
後藤 忠政 (著)





書籍資料電磁波音響動画対策商品関連用語被害者記事

建築におけるシールド材料・施工 磁気シールド

2005年08月31日

社団法人 日本建築学会(編)



電磁波対策として有効な書籍と存じます。


ところで、電磁波犯罪などで近年世界的に有名?なのはダイアナ妃の“暗殺”の件でしょうか。

「 真相は、運転手のアンリ・ポールはELF兵器による攻撃を受け、まるで酒に酔ったかのように、ベンツの運転を誤ったということだろう。(秘密結社全考論 下 ジョン・コールマン博士 著 太田龍 監訳下)」


このような情報にも電磁波などが出てきます(ハイテク被害についてでも打たせていただいたように“ダイナマイトを殺しの道具として使う発想を持つ世の中”だと御知り下さい。現代では電子レンジが殺しの道具などとして使えるという発想でしょうか。人類は“精神面・内面がナニも進化してない”ということなのです)。

さらにレーザービーム(フラッシュ)のようなもので目潰しをされたなどの情報もございます。

身の周りで起こっている事も、ジツは隠された兵器などによるものかもしれません。

我々は諜報機関などで『ハイテク技術が使われてない』などと平和ボケた事をもう云う事はできないでしょう。


日本ではさらにオウム地下鉄サリン事件を経験し、カルト集団による集団ストーカーなどが組織的に実在している事を知り(証拠動画もたくさんございます)、911の“第七ビルの件”などでも“分ったように”、『人の道を外れたカルト集団、秘密結社などがこの世界に存在しない』などとも、もはや云えないでしょう。


我々、一般国民は情報を隠され今まで騙されていたのでございます。

大変、憤る深刻な大問題だと実感していただきたい。


隠されたハイテクノロジー兵器・機器を使い、民間人に対して異常犯罪を行っている国、カルト組織団体が存在する以上、自分たちの安全安心を守る為に自主的にハイテク犯罪についての対策を講じなければならないという時代なのです(勿論、カルト組織・異常犯罪集団が相手なのです。個人では対策は難しいのですから早急に被害者、有志らが連携連帯し集団化しなければならないと存じます)。


このハイテク犯罪を認知し根絶撲滅する事はあなた方、御家族様らを守る事なのだと知り解決に御協力下さいませ(今こそ悪辣な洗脳コントロールを打ち壊しください)。



【転載】


20

電磁波シールドには、磁気シールド、電磁波シールド、電磁吸収の3種類があります。

 電波も電磁波と同じように使われますが、磁気は周波数が低い電磁波です。それぞれに、シールド対象、シールド原理、シールド方法、シールド材料が違ってきます。


1) 磁気シールド

 磁界を小さくするためのシールドです。原理は磁気の通りやすい材料(高透磁率材料)で周りを囲い、磁気の通り道をつくり、中に磁気を入れないようにします。材料の断面積あたりの通過する磁気が多い程、シールド性能が大きくなります。 高透磁率で飽和磁束密度が高い材料が良いわけです。


2) 電磁波シールド

 周波数の高い電磁波は光のように金属導体の表面で反射します。そこで、銅やアルミ、亜鉛鉄板などの金属でシールドします。表面での反射ですから板厚はそれほど問題ではなく箔材が使われます。材料の接続部に隙間があるとアンテナのようになりますので接続部に注意が必要です。


3) 電波吸収

電波吸収は、電磁波シールドのように電磁波を表面で反射させずに、電磁波を材料の中で吸収し熱にして外に出さないようにすることです。表面で反射が起きない、また熱に変えてしまうように、材料の特性(誘電率、透磁率)、周波数にあった板厚や形状を選びます。



57

磁気シールド

1 磁界の発生源から離れれば、離れるほど磁界は弱くなります。

2 磁性体で覆えば(磁気シールドすれば)、磁界は弱くなります。

3 逆向きの磁界を掛ければ、磁界は弱くなります。

磁気障害の対策を検討するに際しても、障害の発生状況や発生原因を正確に把握し、適切な対策を講じることが重要です。


注釈等:三項目

<抜粋>

シールドを行いたい場所の磁界を磁気センサにより計測し、外部に設けたコイルに電流を流して、逆方向の磁界を作ります。

<ここまで>



62

磁気シールドの材料

電磁シールドでは、シールド材料としての銅板(銅箔)などの導電性の良好な材料がしようされますが、磁気シールドでは強磁性材料が使用されます。


(略)


純鉄板(電磁軟鉄)、電磁鋼板、パーマロイ合金、アモルフェス合金、微結晶薄帯等の材料が使用されていますが、磁気シールドの対象により、磁気シールド材料に求められる磁気特性が異なります。


注釈等:アルミをガラスなどにはさむとも書いてある。



112

MRI(Magnetic Resonance Imaging:磁気共鳴画像法)は、身体にある水分の水素原子核(陽子=プロトン)の持つ磁気(スピン)を、強い静磁界と高周波の電磁波を利用して、画像化する装置です。放射線や造影剤を使わず血液やリンパ液を画像化でき、また、X線写真と違って骨に邪魔されずからだの生きた組織が画像化できます。したがって、代謝不良や血液の状態が前もって分かり腫瘍や血流・神経系などの病気の早期診断が可能になります。

 MRIの原理は次のとおりです。水素原子核に強い静磁界をかけると、自由に自転していたこま(原子核)が磁界の方向に一斉に首振り運動を始め、この首振り運動と同じ周波数の電磁派を加えると原子核がエネルギーを吸収します。これを核磁気共鳴(NMR)と言います。電磁派を切ると原子核がエネルギーを吸収します。このエネルギー放出の減衰状態(緩和)は組織によって違うため、減衰信号のコンピューター処理すれば組織の画像が得られます。例えば、ガン組織は減衰しにくく健康な細胞と区別できます。静磁界は超伝導磁石や強力な永久磁石で発生させます。


(略)


強い静磁界を利用するMRIは外に磁界を出さない磁気シールドが不可欠ですが、MRI自体も外からの磁界の影響を受けないように設計されています。



113

要求される電波シールドの性能は?

 MRIのメーカー、機種により電波シールド性能の要求が異なりますが、1.5TのMRIの場合、64MHZの周波数帯域で、80100dB程度が求められています。


電波シールドの材料は?

 電波シールド材料は、銅箔を用いることが多いですが、最近、亜鉛引き鋼板、アルミ板等によるパネルにより施工される場合があります。また、金属箔、金属板以外にも、金属繊維を用いることもあります。窓部は、二枚のガラス板の間に金属メッシュを内挿したもの、金属蒸着したものを用います。


注釈等:

どこぞの国がアルミを大量に買い込み、窓に貼ったというソースがあるが(お調べください)、ここからも有効だと分かる。



156

実用科学書 分野別EMCソリューション7

電磁派吸収・遮蔽


第六章

低周波からミリ波でのシールド技術


本体価格33.000

資料コードNO、320731-830


注釈等:他情報等として御読み下さい



144

生体影響に関する指針と各機関の見解

公衆のばく露と職業的ばく露の2段階に分かれています。



146

磁界の生体影響に関する各機関の見解

 19931999年に米国で行われた電磁界の健康影響を解明するプロジェクト研究「RAPIDプログラム」では、電磁界の健康影響に関して、「科学的根拠は弱い」と結論づけています。また、WHO(世界保健機関)では、国際電磁界プロジェクトとして活動中で、2005年頃に結論が出される計画になっています。


(略)


なお、国内では、電気学会において、「電磁界生体影響問題調査特別委員会」が平成7年以降活動しており、平成10年の中間報告では、「通常の居住環境における電磁界がヒトの健康に影響を与えるとはいえない」と結論づけています。


注釈等:

現在の報告書とは人命よりも利益優先という流れがあると存じます。よって、このような報告書は参考程度に。



【転載了】







ホームこのサイトについて集団ストーカーについてハイテク被害について
集団ストーカー被害関連情報ハイテク被害関連情報関連ウェブサイト情報カルトによる被害を撲滅根絶する掲示板


inserted by FC2 system