ブログパーツ












マインド・コントロールの恐怖
スティーヴン ハッサン (著)




CIA洗脳実験室
父は人体実験の犠牲になった
ハービー・M. ワインスタイン (著)




マインド・コントロールの拡張
浜田 至宇 (著)




電子洗脳
あなたの脳も攻撃されている
ニック・ベギーチ博士 (著)




テクノロジー犯罪被害者による被害報告集―遠隔技術悪用を告発する33名の被害者自身による被害実態報告
内山 治樹 (編集)




創価学会を斬る
この日本をどうする2 (1969年)
藤原 弘達 (著)




邪教集団・創価学会
これでもあなたは信じるか (1976年)
室生 忠 (著), 隈部 大蔵 (著)




黒い手帖
創価学会「日本占領計画」の全記録
元公明党委員長 矢野 絢也 (著)




「黒い手帖」裁判全記録
元公明党委員長 矢野 絢也 (著)




池田大作の品格
憂慮される池田Xデー後の社会的混乱
元創価学会芸術部書記長 小多仁 伯 (著)




誰も書かなかった池田大作・創価学会の真実
元創価学会教学部長 原島 嵩 (著)




「月刊ペン」事件埋もれていた真実
元創価学会顧問弁護士 山崎 正友 (著)




創価学会・公明党「カネと品位」
福本 潤一 (著)




「きもカルト」撃退記―創価学会員やシンパとのお笑い真剣バトル全記録
黒田 大輔 (著)



東村山の闇
「女性市議転落死事件」8 年目の真実
矢野 穂積 (著), 朝木 直子 (著)




憚(はばか)りながら
後藤 忠政 (著)




【カルト集団(組織犯罪及び反社会集団)による被害者様の為の情報共有支援サイト】です。

カルト集団による被害に関する様々な情報を交換・共有し、知っただけでなく恐縮ながら情報の拡散をしていただきたく存じます(口コミ・ブログ紹介・書き込みなど)。
また既存の被害者・団体様などと共闘をさせていただき【カルト集団による被害を根絶撲滅する事を目的】として運営されております。
※ 情報共有サイトであり、被害者様が御活動してくださるネットワーク化などの御支援をさせていただいております。
   当サイトを御覧下されば分かりますが会員を募集している他団体様と位置づけが全く異なり競合しません
   この異常カルト集団の大問題は、ひとつの団体様だけで対処・解決できる問題ではなく、日本(世界)の皆様が団結しなければならないと考えています。
   上述の観点などから、世界の各言語に対応しており(Google様感謝)海外サイトとも共闘をさせていただきたく存じています。
   各団体様の御支援を賜りたく存じます。拝

皆様から頂く情報が当サイトを作ります(情報の透明化をしなければなりません。この日本の惨状から観ますに、隠すことは我々に知られては困るという情報だと観た方が賢明ではないでしょうか。またテクノロジー犯罪の根を深さを知らない人たちは恐縮ながら、この組織犯罪の本当の危険性を認識してはいないと存じます)。

私達の日本(世界)が危ないのですから、そのような大きな括りから何卒御理解をいただき御支援御協力賜りますように御願い申し上げます。拝

当頁を御読みくださった後、 にございます【集団ストーカーについて】、【ハイテク被害について】と順に御読み下さい。



まずは【カルト】とは一体なんなのでしょうか?

下記【ギヤール報告】にて定義されております。



↓抜粋↓


フランスの【ギヤール報告】では、カルト(セクト)を「新しい形の全体主義」と定義付け、次の10項目の内一つでも当てはまる場合を、カルト(セクト)と認定しています。


1.精神の不安定化

2.法外な金銭要求

3.以前の生活環境からの隔絶

4.肉体的損傷

5.子供を勧誘し、教化する

6.大なり小なり反社会的な教えを説く

7.公共の秩序に対する撹乱

8.裁判沙汰の多さ

9.目的遂行のための財産確保を伝統的な経済活動から逸脱した方法で行う

10.公権力への浸透を企てる


創価学会の現状を見ていると、上記の2.5.6.8.9.10 は明らかに当てはまり、他の項目も当てはまる疑いがあります。


【ヤフー知恵袋より】


↑抜粋↑



社会を混乱・破壊に導く有害カルト集団による侵食は、「TV・マスメディア・政治経済にも入りこみ」日本のみならず海外におきましても深刻な問題となっております。

日本ではカルト集団により【総体革命】などが仕掛けられてきました。


こちらの動画を御覧下さい(ハルヒコ作)。
動画が小さいならば二回クリックしてYOUTUBEにて視聴してください














さらにこのような情報も有志の方々が作成してくださっております(色んな組織の初期の作品です。当時はこれらで人気となり台頭の要因となりました)。






創価学会の真面目な末端信者の皆さんへ
http://richardkoshimizu.at.webry.info/200808/article_38.html

ストーカー行為は日常茶飯事です。












カルト団体が行っている反社会異常行動、日本乗っ取り、「組織犯罪」組織的嫌がらせ犯罪【集団ストーカー犯罪】は、カルト集団に所属していた元幹部の人たちからも告発をされており周知の事実として認知されております。


科学技術を悪用した【ハイテク被害(テクノロジー犯罪)】につきましても日本のみならず本場海外におきましても被害が報告されており被害者は日々苦しんでおります。


この凶悪卑劣な【人権を著しく侵害した犯罪行為】は日本、世界全体の深刻な大問題であり、他人事ではないのです。

カルト集団による犯罪被害者は日本、世界の人たちであり、「あなた」なのです。



皆様の御力が必要でございます。
御支援御協力を賜りますよう何卒宜しくお願い致します。




日本が危ない!カルト集団を根絶撲滅する会





ホームこのサイトについて集団ストーカーについてハイテク被害について
集団ストーカー被害関連情報ハイテク被害関連情報関連ウェブサイト情報カルトによる被害を撲滅根絶する掲示板


ページトップへ戻る

inserted by FC2 system